カードローン比較一覧

カードローンとは、ローン専用のカードを用いてカード会社が提携しているATMからお金を借り入れたり、返済するという個人向けの融資の方法です。
ローンを必要とする代表的なものとして、自動車ローンや住宅ローンなどがありますが、カードローンはこれらの大きな金額を融資してもらう大口のローンとはタイプが異なります。大口のローンと違う点をいくつか挙げてみましょう。

融資を受ける場合「担保」が必要となることを思い浮かべ考える方も多いのですが、カードローンの場合、本人確認と信用情報を基に、カードローンで受けられる融資の限度額が設定されるという仕組みとなっているので、担保を設定する必要はありません。
こういった形式をとっているため、カードローンの融資は、数十万円という少額になります。
融資金額の違いも、大口ローンとカードローンの大きな違いと言えるでしょう。
さらに、利用目的が異なるという点も挙げられます。

大口ローンの場合、大きな融資を受けられる代わりに「自動車ローン」「住宅ローン」のように融資の対象となるものが限定されています。
しかし、カードローンの場合、利用限度額内であれば、車検代や引越し費用、ショッピングや旅行など、融資を希望する人の目的に合わせて自由に利用することができるのです。
また、大口ローンのように窓口に足を運ばなくても、カードローン会社が提携するATMで融資を受けられるという、利用方法の違いも大きいでしょう。
定期預金を解約したり、窓口に融資の相談に行くというような時間がとれない方の資金の調達方法としては、非常に便利なものと言えるのではないでしょうか。