カードローンの審査

カードローンの審査内容でもっとも重視されるのが、『他社借入額と年収』です。
キャッシング会社の申し込みサイトに1秒審査などのコンテンツがあるのをご存知かもしれませんが、ほとんどの会社の入力項目の一つに他社借入額があります。これは総量規制という法律に基づき、年収の3分の1までに借入額が抑えられなければならないことに基づきます。もしも年収の3分の1以上他社借入額があれば、その時点で審査が通りません。

年収に関しては源泉徴収票、もしくは給与明細の2,3か月分の提示を求められますのでそれで審査され、他社借入額に関しても、保証会社を通してその情報が審査されます。過去、キャッシングを受けていて返済不履行=ブラックリストに載っていないかも審査対象です。

その他審査内容としては、今現在の勤務状況です。正社員、契約社員、パート・アルバイト、無職の順で審査が通りにくくなります。年収が高い職種の場合は、審査に通りやすいでしょう。

同居人の有無、加入している保険、勤務している会社の在籍確認なども審査の対象となります。たいていの場合、年収と他社借入が問題なければ、審査に通ります。あとは会社の在籍確認が取れればすぐに借り入れ可能です。